2018
4
Jan

発信音楽全般

2018年、あけましておめでとうございます

こんにちは、T.K.Works / フリーランス音楽クリエイターの上村(j_k_vincent@tkworks1996)です。

 

新年あけましておめでとうございます、
本年も、上村敏仙・T.K.Worksをよろしくお願い申し上げます。

 

気がつけば1月4日…、お正月気分も終わり早い会社ではもう仕事初めになりますね。。
新年一発目のブログとして本年の目標・抱負を書きたいと思います。

 

2018年達成したいこと:仕事

年末に2017年の仕事を振り返りましたが、年初に掲げた年間100本の仕事をやります
が未達だったのでまずはこの数字を追いかけます。

 

それに伴って年間のどれだけ売り上げを上げたいか。
まずはサラリーマン時代の自分を越える、個人事業で年間1500万の売り上げに到達させたいので、
今年はその道筋を作るために能動的に動きたいと思います。
夢はもっと大きく、とは思いますがこれ以上稼いだことがないので、
2000万稼いだ!という自分を今の時点では全くイメージできないんですよね。
なので現実的な数字を目標にしています。

 

昨年は実績無し・ツテ無しの状態でどこまで自分ができるのか、
あくまで楽曲を作ることで価値を出すという点にフォーカスをしていたので、
過去の繋がりを頼ったり、広告宣伝・マーケに投資したりということを一切やりませんでした。
唯一社会人時代に経験していないことが「音楽制作で対価を得る」だったので、
この部分がクリアすることができれば他の要素でさらにドライブがかけられる
と考えていたためです。

 

そういう意味では、適切な行動・投資をすることで年間100本という数字は、
あぐらをかいている暇はないけれども、それほど遠くはない数字だと考えています。
あとは一人でどこまでやれるかという限界も早めに見極めたいと思っています。

 

こういうこと考えてると、
「あー自分は音楽家(芸術家)ではなくって、単なるビジネスマンだな」って常々思います。
自分自身を俯瞰して第三者目線で見ている、商材として自分を見てしまう、
たまに虚しいなーって思ってしまいます。。仕事は楽しいんですけどね。

 

去年リアルなお知り合いの方に、
「上村さんの考え方は建築士に似てますよね」って言われました。
顧客は奇抜で芸術的な家を求めているわけではなく、あくまで実用的なもの
僕がやっていることも奇抜で芸術的な音(音楽)ではなく、実用的な音(音楽)
この言葉には「あーなるほど」と、妙に納得してしまいました。

 

音楽は常に中心に据えておくことに変わりはありませんが、
今年は腰を据えて昨年出来なかったことにもチャレンジしていきたいと思います。

 

2018年達成したいこと:仕事以外の音楽

今年は上記に書いた対価の発生する仕事以外に、
楽曲制作ができたらな、と考えています。

 

具体的には、
シンガソングライターですでに音楽活動をされていて
SNSで頻繁に音を上げている方に向けて、勝手にイメージした形で楽曲提供をしてみたい。
コラボ目標は5人(組)、曲数は限定しませんが最低5曲ということになりますね。

 

僕はDJ Kawasakiさんがすごく好きでコラボされている楽曲もよく聴いているんですが、
そんなイメージの事をボーカリストの力をお借りしてやってみたいのです。

 

作られている楽曲というよりは声が気になるタイプです。
僕は椎名林檎さんと矢井田瞳さんの声が結構好きなので、
注目する方もその声質の方が多いかもしれません。
ただ女性男性はあまりこだわろうとは思っていません。

 

昨年コラボさせていただいた「深谷えり(@fukaeri0817)」さんも
自分のイメージにぴったりハマった方です。
今後もチャンスがあればまたコラボしたいな、と思います。
この動画見て震えましたね。

 

あと僕のルーツとしてRoxxette(ロクセット)は青春時代の音として外せず、
今の楽曲の音作りも輪郭のはっきりしたバキバキした音が多いんですが、
Roxxetteの影響を相当受けていると思います。マリーの声も影響受けたと思います。
今の若い方で「Roxxette好きです!」ってかなり少数なのかもしれませんが、
ファンの方ぜひ声かけて頂ければ喜びます。(笑)

あまりにも有名な「THE LOOK」貼っておきますね(今聴いてもめちゃカッコイイ)

 

ちなみに日本だと、バービーボーイズのお二人の声も大好きですね。

 

 

2018年達成したいこと:プライベート

のんびり家族で旅行に行きたい、温泉とか。

 

それでは。
T.K.Works 上村敏仙

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。